精力剤の正しい使い方

精力剤

精力剤の正しい使い方


明確な目標を持って使用する


精力剤はサプリメントやドリンクなど様々な種類のものがあり、含まれている成分も多様なものがあります。これらの性質の違いにより、実際に得られる効果や自分の体質に合うか等の影響が決定されます。

 そのため精力剤を選択する時には、これらの成分や効果と自分の目的が一致するものを見極めて、明確な目標基準により選択する必要があります。どのような種類のものを選択していいかよくわからない場合や、服用上の不安な点がある場合は、製品の使用説明書を読んだり薬剤師や医師などの専門家に事前に相談する方法が有効です。

使用上の注意点を正しく把握することが大切


精力剤の効果を正しく得る為には、定められた服用上の決まりを守る事と、健康上の影響を考慮した使い方をする事が大切です。早く効果を得る為に、定められた服用上の決まりを軽視して大量に服用したり、間違った服用をすると体に負担がかかったり副作用が出ることがあります。

 健康上の影響を考慮する点としては、服用後に定期的に体の状態を確認する事が必要です。特に正しく効果が得られているかや、体に合わない場合等や副作用等の影響を確認することはとても大切です。使用後に体調の異変を感じたら直ちに使用を中止して、医師の治療を受ける必要があります。

参考:精力剤の基礎知識


精力剤の併用について


精力剤は併用したほうがよい?


はじめて精力剤を利用する方は、1種類飲めば特に問題ありません。併用すると特定の成分の摂りすぎになる可能性があるのです。バランスよく栄養を摂ることは精力増強のために大切ですが、栄養は摂りすぎてもよくないのです。ビタミンがミネラルの代用になることはありません。

 同じビタミンの仲間でも、ビタミンBとEは役割が異なり、ビタミンBをたくさん摂ってもEを摂らなくていいわけではありません。精力剤そのものは1種類飲んでいれば問題ないでしょう。ただ、ビタミンやミネラル、タンパク質などの必須栄養素を追加する場合は別です。

高価な精力剤は素材が充実


精力剤は高価な商品ほど、素材が充実しています。マカを例にしても、品質には雲泥の差があります。値段が異なれば、使用するマカの品質も異なり、体感度にも差が出ると考えていいでしょう。安価な商品を何種類か飲むよりも、高価な商品1種類のほうが体感しやすいという方が多いです。健康食品は加工品であり、飲みすぎると肝臓に負担をかけることがあります。

 数十種類のサプリをご飯がわりに摂取している方もいますが、こうした飲み方は不健康を招きかねません。本当に自分に合った健康食品を1種類飲んでいれば十分でしょう。


精力剤の保存方法


精力剤の正しい保存方法とは


精力剤に限らずサプリメントや薬剤を正しく保存しなければ、虫が付いてしまったり、効果が減退してしまう可能性が高くなります。

 また、精力剤の場合では健康食品に分類される製品もあるため基本的には健康食品と同じ保存方法を行います。保存の方法としては、日光が直接当たらずに湿気を避けた方法で保存します。

この保存の方法は開封や未開封問わずに同じ方法で行います。例えば、直接日光に当たり高温になる場所で保存した場合には、カプセル型の精力剤の場合ではゼラチンが溶けてしまい中身が出てしまう事があります。

精力剤の保存期間とは


 購入から服用しきるまでの期間が短ければ問題ありませんが、ある一定期間服用せずに保存したい場合には保存期間の確認が必要になります。製品のパッケージに記載されている消費期限を確認し、適切な保存を行う事で、途中で効果が薄れてしまったり、劣化を招く事を予防できます。

 また、カプセル型の製品では保存期間が長く、途中で服用を中止したとしても保存が効きます。逆に溶剤では保存期間がカプセル型に比べて短く、開封する事で更に期間が短くなる特徴がります。そのため自分が服用する期間を把握し、途中で服用をやめる可能性が高ければカプセル型を選ぶようにする事も考える必要があります。


精力剤の効果をアップさせるには


空腹時に服用するのが効果的


 バイアグラをはじめとした精力剤は、高い効果があることで知られています。しかし、間違えた服用をすると効果が得られません。高い効果を得るために注意すべきことは、食前などの空腹時に服用することです。食前に服用することで成分が腸から吸収され、血液中に広がり高い効果を発揮します。

 食後は腸に油膜が張るので、成分が吸収されず効果がでません。食前に服用し、30分~1時間吸収されるの待ってから、食事をするがいいのです。

 また、食前でも前に食べた物が油の多い物なら、油がなくなるのを待ってから服用するのがよいのです。食後しかタイミングかないのなら、効果がでる工夫をしましょう。どうしても食後でないと服用できないのであれば、食べる食事に注意するのが効果をアップさせるコツです。

 そばやうどん、お寿司などの油の少ない物を食べるようにし、また、食べる量を抑えて腹6~7分目に留めます。その後、2時間ほど消化されるのを待ち、服用するのがいいのです。

 人の体は2時間すると食べた物が消化されますが、油の多い物は6~7時間体内に残ります。フランス料理や中華料理、ステーキなどの油分の多い物を食べた後は、食後2時間待っても腸内の油膜がなくならないので精力剤の効き目があらわれません。

 また、精力剤を飲むと血中の流れが活発になるので、お酒が回りやすくなります。飲み過ぎも効果が減少するので、注意が必要です。